降圧剤で高血圧を改善

高血圧性脳症と血圧の上昇

このエントリーをはてなブックマークに追加

頭痛がする男性頭痛は様々な原因によって脳の血管が広がって神経が刺激されることで発生します。通常は血圧が上昇しても、脳の血流は正常に保たれる機能が備わっているので、脳の血流圧に変化はなく頭痛は起こりません。しかし高血圧の人が頭痛などの症状を訴えるのは、脳内に動脈硬化など異常が起きている可能性があります。
脳の血流をコントロールするのに関わっているのは血液中の二酸化炭素を使って化学的に機能することと、脳の血管の周りの自律神経が作用することです。脳が活発に動くと代謝が進むので二酸化炭素が濃度が増えます。すると血管は広がって代謝を低下させれば、二酸化炭素の糧が減り血管も収縮して元に戻ります。また自律神経の働きも近年研究されており、自律神経の障害が原因で脳の血流が変化するので自律神経が脳の血液の流れに深く関わっていることは確かです。脳の血管の中では自律神経が太い血管の調整、二酸化炭素が細い血管を担当しているという説があります。しかし急激に血圧が上昇したり、高血圧が慢性的になると調節機能が作用しないことがあります。人や年齢、持病によって個人差がありますが収縮期血圧が210mmHg以上、拡張期血圧が120mmHgを超えると代謝異常を引き起こします。
脳に水分が溜まってむくみを起こせば頭蓋内圧が上昇します。これを高血圧性脳症と言い、急激なタイプでは収縮期血圧が250mmHg以上、拡張期血圧150mmHg以上で発症しやすくなります。頭蓋内圧の上昇によって神経が刺激を受けて痛みますが、早朝に感じることが多いです。放置すれば心臓や腎臓にまで悪影響が及ぶので病院に行って血圧を下げる治療を始めなければなりません。